2014年9月2日火曜日

今日のフレンチポップス ★ シルヴィー・ヴァルタン:SYLVIE VARTAN / La Plus Belle Pour Aller Danser (1963年)

 アリデイとのデュエット曲の数々も素敵なシルヴィー・ヴァルタンですが、やはりこの曲「アイドルを探せ La Plus Belle Pour Aller Danser」。1963年のミシェル・ボワロン監督の映画『アイドルを探せ』の主題歌でもあります。今はDVDにもなりましたが、シルヴィー・ヴァルタンの動くお姿を拝見したくてLDを購入したのが最初でした。その後、リバイバルで新たにビデオを購入。よくシルヴィーの主演作のようにも言われますが、主演ではなく“アイドルたち”の一人として実名で出演し、同名タイトル曲の「アイドルを探せ」を舞台で歌っています(僅かに台詞もあります)。最初の方に出演されるだけですが、まだ19歳頃のシルヴィーが可憐で心ときめきます。


 当時、この曲は日本でも大ヒットしたそうです。戦後の焼け野原からGHQの占領時代が終わり(実は続いているような奇妙な状況ですが)、わが国が復興してゆく時代です。時代への憧憬と複雑な想いがあるのですが、先人方の努力の賜物と感謝いたします。戦後という意識もなく育った泰平の新人類世代の私は、シングル盤ではシルヴィー・ヴァルタンのものを最も多く持っています。アルバムで聴ける曲が多いのですがレコード・ジャケットが好きなもので。かなり散財し今に至りますが後悔どころか、それらは今でもなにかしらの心の栄養、糧となっていると思います。功罪あれど、ポジティヴ・シンキングな性格です。



 ちょっと映画のことも。この映画『アイドルを探せ』はコメディで、おキャンでキュートなダニー・サヴァルたち女性3人と、頼りないけれどモテるリシャール役のフランク・フェルナンデルの4人の珍騒動。女優のミレーヌ・ドモンジョが本人役で登場していて、彼女のダイアモンドを盗んでしまうリシャール。逃げる時に、レコード&楽器店の売り物のギターの中にガムに包んで隠しておいた。しかし、翌日にはそのギターは売り切れてしまい、それも5本あった同じプレスリー型のエリクソン。大慌てでその購入者を追う彼ら。その購入者5人とは、シルヴィー・ヴァルタン、フランク・アラモ、ナンシー・ホロウェイ、ジョニー・アリデイ、シャルル・アズナヴールです。


 彼らは全て本人役で出演していて歌も披露。その他、レ・ザーフやソフィー、エディ・ミッチェル、ジャン=ジャック・ドゥブーも実名で出演しています。ソフィーの上手なダンスも拝見できるので、フレンチポップス・ファン、殊に60年代のイエイエ・ファンには喜ばしいのではないでしょうか。私はシルヴィーとアリデイの登場シーン(タイトなスーツ姿がカッコいい!)、最後に登場するアズナヴールの「想い出の瞳」が聴けるので大満足でした。

 シルヴィーが歌う主題歌「アイドルを探せ」の作詞はシャルル・アズナヴールによるものです。この映画のために書かれたものなのでしょう。“今夜、踊りに行くために 美しく着飾って~”と、夢みる乙女ごころの歌。1964年のアルバム『A Nashville』に収録され日本でも発売されました。また、監督のミシェル・ボワロンというと、ジョニー・アリディの他、アラン・ドロンやブリジット・バルドーのお姿が浮かび、頬が緩みます。

0 件のコメント:

コメントを投稿